カラダの記事読むなら、英語のサイトにしません?

こんにちは!TOEIC700点の接骨院院長のヨシマツタケシ(@yoshimatsutakes)です。

英語がわかることのメリットとして、セラピストのぼくがどう生活や仕事に活かしているのかを書きたいと思います。

スポンサーリンク

アメリカの情報は信頼性が高い

一時期、某キュレーションサイトにて医学的な根拠に乏しい内容が多すぎるというので話題になり、サイトが閉鎖された事件がありましたね。アメリカの健康や体に関する記事を読むと必ずと言っていいほど、研究結果を引用しています。

これからはセラピストも英語を学ぶ時代だと思っています。情報集めるならアメリカの情報の方が、信頼性が高いんだもん。

例えば、先日書いたストレッチの記事を例にあげましょう。

 

アメリカのサイトは研究結果の引用の上に、自分の意見が書いてある

「ストレッチ 効果的な時間」とかで調べてみてください。しっかりと参考文献などを載せているサイトがいくつありますか?

英語でこれを調べると、研究結果の引用の多さに驚きますよ。アメリカの情報は研究結果の情報に合わせて、自分の意見や考えが書いてあるんですよね。

ストレッチの記事も非常に多くの参考文献を元に書かれていました。どんな年齢層の人に、どんな実験をして、どんな結果が出たのかが事細かに書いてあるんです。ブログを書いている人、一人の個人的な意見や経験だけに基づくものではありません。

ちなみにストレッチの記事から大体こんなことがわかりました。↓

21〜39歳の人たちは、30秒が良さそう
子どもは何やっても効果があって、やり方の違いはない
年寄りは、60秒のストレッチが良さそう

http://www.yoshimatsutakeshi.com/entry/howlognstretch

でも、大人になってから英語学ぶって大変ですよね。そこは、あなたがどのくらい英語を学ぶ必要性を感じるか次第ですね。

スポンサーリンク

 

社会人が英語学ぶならお金を払うことをオススメする

ぼくは3ヶ月間English Companyに通って英語を勉強しました。その結果、3ヶ月でTOEIC 200点アップし、英語のブログ記事を抵抗なく読めるようになりました。

>> 参考:忙しい社会人の英語勉強法。

3ヶ月で50万円払いました。ぼくはその価値があったと思っています。というか、その価値を得ることをイメージした上で申し込みましたからね。

他にも、2ヶ月30万円の英語や、1年で英語をマスターなど様々なものがありますが、あなたがどうなりたいか次第です。問題はお金じゃありませんよ。

そのサービスを受けることによってあなたが何をしたいのかが明確であれば、お金なんて問題じゃありません。

 

社会人が英語を勉強するなら下記をオススメする

トライズは、無料カウンセリングや体験レッスンを受けましたが、1年間で英語をアウトプットするレベルまで持っていけます

TOKKUN ENGLISHは、TOEIC700とか800点持ってるような基礎能力がある人でビジネスとして使っている人が多く、2カ月で劇的な英語力のアップとその後の英語の勉強するための基礎作りをしてくれます。これも無料カウンセリングを受けてきました。

English Companyは、3カ月で第二言語習得理論や行動科学などの科学的に効率的な勉強を用いてあなたの能力をアップしてくれます。ぼくが通ったのは、ここです。

 

まとめ

いかがでしたか?

セラピストのぼくが英語を学んだことをどう活かしているのかを書きました。そして、社会人が英語を学ぶならお金を払って期間を決めて勉強することをオススメします。

でも、勉強する気がでない人もいると思います。そんなあなたは、ぼくをチェックしといてください!これから、海外からの引用もどんどん取り入れていきたいな!

LINEで友達追加

The following two tabs change content below.
ヨシマツタケシ

ヨシマツタケシ

学校やセミナーに行くために、社畜セラピストをしながら稼ぐ方法を探し求めた結果、施術しないセラピストをつくることになりました。社畜セラピストしながら、ブログで稼いでます。
質問や相談はLINE@から!

ヨシマツタケシのLINE@

line@banner

LINE@では、Twitterやブログにはしない具体的なお金の話をします。

今後は、下記のような内容もLINE@でしていこうと思います。

・取材に行く時のモデルの募集
・ヨシマツタケシとの音声対談相手の募集
・ブログで稼ぐや集客の具体的な話

LINE@に登録した人がメリットを感じるように、いい情報を発信しまくりますよ!