接骨院の料金っていくら?接骨院のプロが教える健康保険と自費診療

f:id:yoshimatsutakeshi:20160319131522j:plain

どうも!接骨院の院長、ヨシマツタケシです。

今日は意外と知られていない接骨院の料金についての間違いを紹介します!

スポンサーリンク

接骨院の料金には保険診療と自費(自由)診療がある

健康保険を使うにはいつ、どこで、どのように、痛めた(ケガした)のかが大事

接骨院の料金を決める要素で大事なのは健康保険が使えるかどうかです。

しかし、健康保険はどんどん厳しくなっています。

健康保険を使った診療をする場合は、下記の条件が必要です。

  • いつ
  • どこで
  • どのように
  • ケガをした

例えば、肩こり。これは健康保険が使えません。

肩が痛い、そしてその原因やいつ痛めたかがはっきりとしている必要があります。

1年前に痛めた場合なども健康保険的には慢性的となり、健康保険は使えません。

けど実際毎日毎日、ケガ人なんていないですよね?

だから接骨院の先生たちはケガ以外の肩こり・腰痛も施術しないといけないんです。

ケガを診れる先生なんて今は本当に少ないですよ。

自費(自由)診療の必要性。健康保険だけじゃ治らないんです。

健康保険の施術だけじゃぶっちゃけ治りません。

健康保険の施術は決められています。

柔道整復師としての方法が決められていて、一律料金なのです。

誰がやっても同じクオリティの施術ができるものというのが健康保険を使う条件になります。

健康保険なのに、30分も1時間もマッサージするなんてありえません。

ただし、ちゃんとしたケガ(捻挫、脱臼、打撲、骨折)は、健康保険の範囲でも十分に治ります。

けど大多数の人が接骨院には昔からの腰痛や肩こりで行きます。

健康保険だけではなかなか治らないので自由診療が必要になってきます。ここが他の院との差別化になる所ですね。

スポンサーリンク

接骨院の料金はいくらなの?

今までいっていた接骨院は、毎回500円でしたよ!

LINE@質問者

質問者

たまに患者さんに言われます。これは昔流行った丸めという方法です。

誰でも一律500円などにしてお得感を出していた時代があったのです。今はそれをすると下手すると捕まってしまいます。

健康保険の料金はどの接骨院にいっても変わらないんです。そして、1回目はいくら、2回目はいくら、3回目以降はいくらと決まってます。一律なんてありえません!

接骨院によって健康保険の料金は変わらない

健康保険はどこに行っても料金は変わりません。

ケガ一か所につき、いくらと決められているのです。

そこに、自費診療を合わせて一律『500円ですよ~』とうったているところはそのうち捕まります!

今すぐいくのやめましょ!

※変わらないといっても保険の負担割合によっての違いはあります。3割負担の人もいれば、1割負担の人もいます。

自費診療は接骨院によって違います。

自費診療は接骨院によって自由に決められます。

あこでは3000円だったのに、ここは1万円もするわ!なんてことも良くあります。

けど、それはその院によって異なります。

接骨院の料金

接骨院の料金について理解してもらえましたか?

  1. 健康保険が使えるのは、いつ・どこで・何を・どのようにケガしたかがわかっているとき
  2. 健康保険だけではなかなか良くならない
  3. 健康保険の料金は接骨院によって違うということはない
  4. 接骨院によって違うのは自費診療のみ
  5. 自費診療で接骨院の特徴が

これでお分かりいただけましたでしょうか?

正しく法律にのっとった接骨院に通いましょう。

The following two tabs change content below.
ヨシマツタケシ

ヨシマツタケシ

学校やセミナーに行くために、社畜セラピストをしながら稼ぐ方法を探し求めた結果、施術しないセラピストをつくることになりました。社畜セラピストしながら、ブログで稼いでます。
質問や相談はLINE@から!

ヨシマツタケシのLINE@

line@banner

LINE@では、Twitterやブログにはしない具体的なお金の話をします。

今後は、下記のような内容もLINE@でしていこうと思います。

・取材に行く時のモデルの募集
・ヨシマツタケシとの音声対談相手の募集
・ブログで稼ぐや集客の具体的な話

LINE@に登録した人がメリットを感じるように、いい情報を発信しまくりますよ!