ポルトガル語の勉強の仕方。独学で会話するための5つの方法

f:id:yoshimatsutakeshi:20161011144154j:plain

ポルトガル語を公用語にしている国は8カ国しかないときいたことがある。それだけマイナーなポルトガル語を勉強しようとしても、教材も見つかれなければ、教室も見つからない・・・。

このブログでは、TOEIC800点を目指してぼくが実際にしている英語の勉強方法を紹介する。この勉強方法を、ポルトガル語勉強に適用すれば、日常会話や少し旅行にいって会話するくらいは簡単だ。こういった英語の勉強ノウハウはポルトガル語の教材にはなかなか見つからない。

筆者のヨシマツタケシは、現在TOEIC800点を目指して科学的に証明された効率的な勉強をするべく、English Companyに通っている。English Companyでは第二言語習得によって科学的に証明された効率的な勉強を適用している。English Companyは、TOEIC800点をたったの3カ月で達成した人が続出で、予約は1~2か月も待たされる大人気の英語ジムだ

ちなみに、ぼくは1週間ポルトガル語しかしゃべれないブラジル人を家に泊めたこともあるが、辞書を使ったりすることはあったが基本的なコミュニケーションは取ることができた。

※ポルトガル語は、ブラジルのポルトガル語を指します。

独学でポルトガル語会話するための5つの方法

1. とにかく単語を覚える

何か、単語の本を1冊買ってとにかく単語を覚えましょう。とにかく、会話をするにも本を読むにも単語がわからなければ何も始まりません。

English Companyでは1日100語覚えています。週2回のトレーニング開始時に単語テストで覚えられているかを確認し、あまり覚えてない場合は再度勉強しなおしという形をとっています。

このトレーニングの狙いは、とにかく数多くの単語に触れること、英語に触れることです。単語を覚えることは大事なことですが、それよりも大事なことは英語にたくさん触れることです。

そしてもう1つ大事なことがあります。100語覚えると翌日には7割忘れます。忘れる前提で勉強しましょう。

「あー自分って本当に記憶力ないな。」とネガティブになってしまうと、勉強がはかどりません。忘れるのが普通なんです。

 

2. 文法を軽めに覚えよう

文法の勉強にはあまり時間をかけないようにしましょう。簡単になんとなく、そうなってるんだなーくらいで覚えましょう。

この本は、なんとなく勉強するには最適だと思います。すごく読みやすく簡単に書いてあります。

過去完了とか仮定法とか難しい言葉が書いてあったりしますが、そんな小難しいことを覚える必要はありません。少しでも難しいなと思ったら読み飛ばしましょう。

この後出てくるシャドーイングやディクテーションなどでわからない文法を、この本を読んで確認する程度で大丈夫です。

 

3. シャドーイング

シャドーイングでは、耳で聞いた音声に影のようについていきます。流れる音声からワンテンポ遅れて、発音を真似していきます

耳で聞くという脳の入力があって、そこから口から発音として出力します。脳はこの入力と出力を繰り返すことで成長します。聞いて口に出すを繰り返します。最初は文章を見ながらのシャドーイングで問題ありませんが、最終的には何もみずにやりましょう。難しければ、再生速度を落とします。

シャドーイングの時は日本語の意味を頭でイメージすることも大事です。1文ずつ翻訳するのでなく、なんとなくイメージしましょう。

 

4. ディクテーション

シャドーイングよりも短い文章を選びます。それを何も見ずになんといっているかを紙に書きましょう。単語がわからなければ、カタカナでも構いません

そのあとに答え合わせをします。聞き取れなかった音や単語を確認しましょう。

 

5. オーバーラッピング

ディクテーションのときに使ったフレーズ集をそのまま使います。

ディクテーションで書きとった後に、今度はCDと全く同じタイミングで発音をします。シャドーイングは少しCDに遅れて聞いてから発音をしますが、オーバーラッピングは全く同じタイミングで発音をします。

全く同じタイミングで発音をすることで、発音のずれを確認することができます。

 

まとめ

独学でポルトガル語会話するための5つの方法を最後にまとめます。

  1. とにかく単語を覚える
  2. 文法を軽めに覚えよう
  3. シャドーイング
  4. ディクテーション
  5. オーバーラッピング

ぼくがEnglish Companyでやっている科学的で効率的な勉強方法は、実はこの5つだけです。まずはこの5つをやって基礎を固めていきます。

English Companyではトレーナーがぼくのだめなところを指摘してくれるのがとてもいいことですね。あとは、その人のレベルに合わせてトレーニング内容も少しずつレベルアップしていきます。

ポルトガル語覚えてぜひブラジルへ行ってみてください!

Vamos!!!

チャオ!

関連記事
www.yoshimatsutakeshi.com