【粉瘤の治療】10年以上粉瘤に悩む妻が見つけた奇跡の改善方法

ぼくは柔道整復師のヨシマツタケシです。ぼくは徒手医学の可能性は無限大だと思っています。西洋医学には治せないものが徒手医学で治せることもあると信じて、常に新しい色々な可能性を探し続けています。

このブログでは妻が10年以上悩んだ粉瘤(アテローム)の奇跡の改善方法をお伝えします。

粉瘤は西洋医学では解明されておらず、根本的な治療は不可能と呼ばれるものです。その妻が粉瘤がでなくなったという話です。

でも伝えたいのは、この治療方法ではありません。たまたま妻の原因に一致しただけです。本当に伝えたいことは2つです。

  1. 徒手医学の可能性は無限大である
  2. 色々な視点から症状を見ていくことが大切である

あなたもきっと粉瘤に悩みこのブログを見ているかと思います。

 

少しでもこのブログがあなたの人生に役立つことを祈っています。

 妻にたまたま食事という方法が合っていただけかもしれません。全員が食事で改善されると言っているわけでもありません。あくまでも個人の経験と感想であり、効果を保証するものではありません。

 

ぼくがこのブログを書く理由

ぼくが徒手医学に出会ったのは自分が治ったからでした。そのときは股関節の痛みでした。

そして知れば知るほど、徒手医学の可能性は無限大だと感じさせられました。

もちろん治せないものもあります。現代医学に頼ることもあります。

けど徒手医学でないと治らなかったものもあるのです。

セミナー講師の体験談や実際に動画などで徒手医学の奇跡を目の当たりにしました。

  • ひどかった花粉症が良くなった
  • 骨折したときに痛みがなくなった
  • アレルギーでぶつぶつの肌がきれいになった

徒手医学って本当に無限大なんです。

現代医学・西洋医学で治るのをあきらめた人がいるなら、ぜひ試してもらいたい。

でも世の中にはできもしないのに偉そうに言う人もいます。
実績も理屈もなにもなくテキトーな施術をする人もいます。

間違った選択をしないためにもぼくは徒手医学の可能性を伝えるとともに、正しい知識や正しい知識を持った先生を紹介していきたい。

 

粉瘤とは

粉瘤腫(ふんりゅうしゅ、 (アテローマ))とは、新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が、皮膚内部(真皮)に溜まることによってできる良性の嚢胞性病変の総称(-omaという接尾語をもつが新生物とは考えられていない)。

粉瘤腫 – Wikipedia より

いわゆる良性腫瘍ってやつです。現在、西洋医学では根本治療は難しいと言われております。

 

10年以上、粉瘤に悩む妻のストーリー

15歳で初めてできた粉瘤

f:id:yoshimatsutakeshi:20160616221144j:plain

はじめての粉瘤は15歳のときでした
できた場所は脇です
0.5ミリない位のポツンと吹き出物のようなもので触ってみても痛くない。

そのときは特に痛くないしと放置しました。
ですが1ヶ月後お風呂上がりに身体を拭いていると脇になにか違和感
触ってみると1.5センチくらいの大きな塊

粉瘤が大きくなっていたんです

引用:【粉瘤(アテローム)を予防!】粉瘤腫歴12年が辿り着いた予防法! – 我はより我をつくるより

15歳の思春期からずっと悩まされてたんですね。。。お母さんや妹もできやすい体質のようで遺伝的なものもあるそうです。

 

結婚を前にしてフェイスラインに粉瘤ができ始めた

f:id:yoshimatsutakeshi:20160616221156j:plain

ここ1、2年でフェイスラインに粉瘤ができたときは本当にツラくて泣きました

だってニキビや吹き出物と違って粉瘤は小さくならないし
できてしまったら手術をしない限り無くなりません!
しかも粉瘤が潰れようものなら痕が残ります!

私は女ですから…顔に痕が残るのはツライですよ…ニキビ(吹き出物)ができたときでさえも気分が下がるのに…

今現在も小さい粉瘤が顔に4つあります

引用:【粉瘤(アテローム)を予防!】粉瘤腫歴12年が辿り着いた予防法! – 我はより我をつくるより

特に顔にでき始めたのは、結婚を前にしていたころでした。

マリッジブルーなのか!?と思うくらいこのころの妻は元気がなかったです。

一緒に話したり、どこかへデートに行ったりしてもどこか心から楽しめてないような・・・

過去に皮膚科などを受診したことはあったものの、根本的には治せないとあきらめていました

 

徒手医学の可能性を信じるぼくが見つけたカイロプラクティックを受診

f:id:yoshimatsutakeshi:20160616221715j:plain

そのころぼくはカイロプラクティックを学んでいる最中でした。

カイロプラクティックは症状でなく体を全体的にみて悪い原因となるところを探し、そこに対して矯正をします。

2つのセミナーにいっていたのですが、片方の先生にみてもらうことにしました。

どうやら妻の原因は、思春期のころに交通事故のトラウマか、思春期に発達し始める女性ホルモンのどちらかではないかとなりました。

実は、きっかけはダイエットもあったのですが妻は食生活をガラッと変えることになりました。

 

粉瘤がでなくなる奇跡の治療法は妻にとって食事だった

f:id:yoshimatsutakeshi:20160616221401j:plain

私はとある食生活に変えたら粉瘤がパタッとできなくなりました。
あるものを食べない食事です!

それは

・辛いもの
・甘いもの
・脂っこいもの

この3つです

これは粉瘤を治したくて食事改善したわけではなく、この3つを避ける食事法のダイエットをしたら
粉瘤がパタッとやみました

12年間悩み続けてきた粉瘤がこの3つを取らない食事にするだけで出来なくなったんです

同時に吹き出物もできにくくなったので、なにか関係しているのかもしれませんが
根拠はありません

引用:【粉瘤(アテローム)を予防!】粉瘤腫歴12年が辿り着いた予防法! – 我はより我をつくるより

一度、食生活をやめたときにはまた粉瘤がでてしまったこともありました。

私はこの食事法をやめた2日後に顔に2つ粉瘤ができました

引用:【粉瘤(アテローム)を予防!】粉瘤腫歴12年が辿り着いた予防法! – 我はより我をつくるより

特に辛いものは彼女の体の中で弱い女性器に強く作用してしまっていたようです。

でも体にとって悪いものって実は自分の好きなものだったりもします。妻も辛いものが本当に大好きでした

 

妻にとっては食事法だったけど、可能性は無限大

今回妻は食事法で粉瘤がパタっとでなくなりました。

本人曰く3、4日ですぐに効果が出たそうです。すでにできていた粉瘤の炎症も治まったそうです

けど、たまたま食事法が彼女の原因だったんです。

可能性は無限大です。その可能性について検討し治療できる先生が必要です。

でもとりあえず、今粉瘤に悩んでいる人は自分の食生活を見直してみると効果があるかもしれません。妻一人に効果が合ったことなので、全員に効果があるかはわかりませんが試す価値はあると思います。

 

できてしまった粉瘤は病院へ行くしかない

f:id:yoshimatsutakeshi:20160616221454j:plain

できてしまったものは放置するとおそろしいことになります。ぜひ、早めに病院へ行きましょう。

▼妻の粉瘤手術の恐怖体験
www.primagunga.com

 

まとめ

妻は食事を変えて以来、粉瘤がパタっとでなくなりました

たまーに食事を意識せず暴走してしまうとき以外は・・・

色々なことがあなたの今の症状の原因になっています。

3カ月で効果がでなければおそらくその方法はあっていません。別の方法を試すか、食事法を再度見直してみてください。

ぼくがわかる範囲でしたらいつでも相談に乗ります。ぜひご連絡ください。

 妻にたまたま食事という方法が合っていただけかもしれません。全員が食事で改善されると言っているわけでもありません。あくまでも個人の経験と感想であり、効果を保証するものではありません。