• プロフィール
    24時間働く施術しないセラピスト。ネットで稼ぐヨシマツタケシのプロフィール。
    2017年1月27日
  • 筋膜リリース
    基本を知らない人が筋膜リリースで効果を出せるわけがない!接骨院院長が語る。
    2016年4月16日
  • 自転車
    通勤の自転車におすすめ!Giant Escape R3がコスパ最強すぎる!!
    2016年7月1日
  • 英語
    【English Companyの口コミ】3ヶ月通ったぼくがぶっちゃけます。(TOEIC200点アップ)
    2016年7月24日
  • バターコーヒーダイエット
    バターコーヒーダイエットを継続しつづけて起きた5つの変化
    2017年2月3日
  • 英語
    【トライズの口コミ】1年で英語がマスターできるトライズのプログラムがマジ鬼。
    2017年2月22日
  • 健康知識
    【カラダファクトリーの口コミ】接骨院の院長が行ってみた!安心・安全に感じた3つの理由。
    2016年8月9日
  • 英語
    TOKKUN ENGLISHで最短かつ効率的にビジネス英語を身につけろ!【無料説明会レビュー】
    2017年2月9日

f:id:yoshimatsutakeshi:20160929093134j:plain

なんで自分だけうまくいかないんだろう・・・何をやってもうまくいかない・・・

仕事、私生活、趣味など色々な場面でこんな風に考えこんでしまうこともありますよね。世の中には凶悪な犯罪、医療ミス、自然災害、不正などネガティブなニュースがあふれています。

今回紹介するショーン・エイカーは、『ネガティブからポジティブな方向に考え方を変えるだけで、脳は31%も良く働くようになる』と言います。販売の分野では37%成績向上し、医者は19%も早く正確に診断するようになります。でもそうはいってもなかなか変えられないですよね。

今日はTEDという動画サイトより、21日間続けるだけで、ネガティブからポジティブに変える5つの方法をご紹介します。

だまされたとおもってやってみてください。

▼TEDの動画:ショーン・エイカー 「幸福と成功の意外な関係」
www.ted.com

スポンサーリンク

ショーン・エイカーさんについて

f:id:yoshimatsutakeshi:20160929095127j:plain
出典:http://goodthinkinc.com/speaking/shawn-achor/

動画でしゃべっているのは、ショーン・エイカーという人です。

世界最高峰のハーバード大学を卒業し、そのままハーバード大学に残りポジティブ心理学を教えて大人気だそうです。今は、Goodthinkという会社でグーグル、マイクロソフト、ファイザー、UBS、KPMGなどの著名企業へのレクチャーやNBAやNFLのスポーツ業界にまで彼のレクチャーは広がっているそうです。

何よりも彼のジョークがめっちゃおもしろいです!会場からこれだけ笑いが起きるのもすごいなーと思います。本も出ています。

では、彼の21日間でネガティブからポジティブになる方法を紹介していきます。

21日間で生まれ変わる!ネガティブからポジティブに変える5つの方法。

これから紹介する5つの方法を21日間続けましょう。21日間継続することで、脳はネガティブからポジティブに変化するといいます。

すごくアメリカらしいなと思うのが、1つ1つの項目に研究者の名前と発表された年が記載されていることです。アメリカはすごく科学的な証明とかを必要とされる文化なんだろうなーと感じます。

※日本語は少し、意訳も入っています。

▼5つの方法(日本語)

  1. 3つの感謝
  2. 日記
  3. 運動・エクササイズ
  4. 瞑想
  5. 親切な行動

▼5つの方法(英語)

  1. Three Gratitudes (Emmons & McCullough 2003)
  2. Journaling (Statelar & Pennebaker 2006)
  3. Exercise (Babyak et al 2000)
  4. Meditation (Dweck 2007)
  5. Random Act of Kindness (Lynbornsky, 2006)

1. 3つの感謝 Three Gratitudes

あなたが感謝したこと、ありがたいと思ったことを3つ書きましょう。世の中にネガティブなものではなく ポジティブなものをまず見つけようとするパターンが身につきます。

例:『お母さん、ご飯をつくってくれてありがとう』

2. 日記 Journaling

過去24時間以内にあったポジティブな経験や体験を1つ書きましょう。脳がまた同じことを経験することができます。

例:『おじいさんに電車で席をゆずったらありがとうと言われた』

3. 運動・エクササイズ Exercise

運動をしましょう。 運動は、行動が大切であることを脳に教えます。

脳と運動の関係については、こちらの本がおすすめです。

4. 瞑想 Meditation

瞑想しましょう。たくさんの仕事や、やるべきことを同時にしようとして、必死になってしまうことを防ぎます。まず、1つの手元にある大事な仕事や、やるべきことに集中できるようになります。

ぼく個人的には坐禅がいいと思います。瞑想はマインドフルネスという言い方をする人もいて、スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツ、松下幸之助、なんかの著名人も取り入れてるといいますよね。

www.yoshimatsutakeshi.com

5. 親切な行動 Random Act of Kindness

見返りを求めない親切な行動をしましょう。ちょっとした親切でいいんです。ギブアンドテイクの世界から離れましょう。

これはアメリカで流行してThe Random Acts of Kindness Foundationという非営利団体もできたりしているそうです。

まとめ

21日間でネガティブからポジティブに変わる5つの方法をもう一度まとめます。

  1. 3つの感謝
  2. 日記
  3. 運動・エクササイズ
  4. 瞑想
  5. 親切な行動

これらの行動を21日間続けるだけでポジティブになれます。ポジティブになると仕事や私生活、趣味などでうまくいかなかったことが急にうまくいくかもしれません!

ちなみに、21日間というと3週間ですよね。ぼくたちの接骨院業界でも慢性的な痛みなどについては、最初の3週間が大事です。最初の3週間で体にとって楽な状態を脳に教え込むことで脳の認識を変えることができ、体が良くなっていきます。

ぜひ、みなさんもお試しください!

チャオ!

関連記事
www.yoshimatsutakeshi.com

スポンサーリンク