「接骨院は技術を磨けば儲かる」のか?

ぼくのグループは、複数店舗がある接骨院グループです。

ぼくはそのうちの1つの店舗の院長をしています。

社長は、「なんで売上が上がらないんだ?」「俺が教えた通りにやっていないからだろ?」とまくしたててきます。

おっしゃる通り、一向に売上は上がりません。ぼくも試行錯誤色々するし、毎月セミナーに行くけど、売上が上がっていきません。

社長は現場主義者で自分自身も今でも施術をしています。

社長がいる店舗はいつも売上が上がるんです。

社長とは3年間一緒に仕事をしていたので、「なにが違うんだろう」「ぼくの何がいけないんだろう」と考えました。

考えすぎたのか、ある朝立ちくらみがしてふらっと倒れたこともありました。

最近になって、スッキリとした答えが出ました。

 

売れる接骨院には2種類ある。カリスマと非カリスマ。

売れる接骨院には2種類あるということに気がついたんです。

カリスマタイプと非カリスマタイプ。

社長は認めたくないけど、カリスマタイプ。人から慕われるタイプだし、技術もそれなりにすごい。だから人が集まる。

一方、若造のぼくは明らかに非カリスマタイプ。

「そんな単純なこと聞くために、このブログ読んでるんじゃねえよ!」

わかります、その気持ち。ぼくもそうでした。

まず社長がカリスマで、ぼくが非カリスマと認めることをどこか恐れていました

 

カリスマのゴッドハンドは放っておいても、口コミで広まる

 

カリスマタイプは、放っておいても口コミで勝手に広がります。

実際に、社長がいる院は90%以上が口コミでの来院です。

ぼくもそれを真似するつもりでした。

紹介割引をつけたり、紹介カードを作ったり、紹介の依頼をしたり・・・

でも、ダメでした。

だって、カリスマじゃないんですから。

あなたも一度冷静になって、深呼吸をして考えてみてください。

「自分はどっちなんだ?」と考えてみてください。

俺はカリスマだ、というならきっとあなたはこの記事を読んでいないはずです。

ぼくもカリスマになることは諦めていません。絶対にカリスマになれると思っているし、今の時点でも技術で負けるつもりはありません。

でも、カリスマ・ゴッドハンドになるには時間がかかるんです。

「じゃあ、儲けることができない非カリスマは諦めるしかないのか?」

 

非カリスマ施術者は、マーケティングを勉強しろ

カリスマでないとあなたが自分を認めたなら、マーケティングを勉強してください。

  • どうやって接骨院に電話や問い合わせをさせるのか
  • どうやって接骨院に足を運んでいただくのか
  • どうやって何度も接骨院にきてもらうのか
  • どうやって高額メニューを買ってもらうのか
  • どうやって一生付き合える信者になるのか

マーケティング、ビジネスを勉強してください。

 

まず初めにあなたの接骨院を知ってもらう

その中でまず初めにすべきことは、あなたの接骨院を多くの困っている人に知ってもらうことです。

どうやって知ってもらうんでしょうか?

ホームページやブログをやってる人が増えてきましたね。

でも、うまくいっていますか?読まれていますか?問い合わせはきますか?

ホームページやブログで来院してもらうには、技術が必要です。

ホームページやブログを見てもらうには、かなりの時間がかかります。

少し、別の話をしますね。

 

砂漠の人に売るなら、冷えた水か暖かいお茶か?

砂漠にいる人に売るならどちらがいいでしょうか?

ここで、「暖かいお茶を売る!」という人はいないはず。もしいたら、そっと画面を閉じてください。つまり、諦めてください。笑

そう、砂漠の人に冷えた水を売るのはめちゃくちゃ簡単なんです。

砂漠に行って、砂漠にいる人を探せばいいんです。

さあ、話を戻しましょう。

 

腰痛で歩けないほど困ってる人にどうやって出会うのか?

腰痛で歩けない人を探して、「ぼくは腰痛専門治療院で15年の実績がありますよ!」なんて売り込んだら、試そうかなと思ってもらえるはずです。

まずは、この今困っててワラにもすがりたい人を探さないといけません。

逆を言えば、探し出せれば売るのは簡単です。

欲しい人に売る、これが原理原則です。

ブログやホームページもこれを目標にしていますが、結果が出るのが遅すぎます。

ですから、もっと早い手段を見つけました。その手段を1つの有料記事として、まとめました。

もし興味があったら読んでみてください。

8/25(金)までは980円で購入できますが、翌日になったら2980円に値上げします。

noteを購入する

 

「なんで有料なんですか、タダで教えてくださいよ!」

無料で手に入れたものだと行動をしません。

ですから、有料で手に入れてしっかりと行動して欲しいのです。

あとは、このノウハウを見つけるのにめちゃくちゃお金がかかっています。

だから、僕自身も少しだけ儲けさせて欲しいんです。

特典としてやることリストもつけました。

「結局、何やればいいの?」と言われないようにです。

僕は教えてあげる、という上から目線なつもりは一切ありません。

出来ることならあなたと一緒に勉強したいです。

ぜひ、一緒に勉強して儲かって、幸せな暮らしを手に入れましょうよ。