いつも右のふくらはぎが痛くなる原因は、体の左右差ですよ!

SHARE

いつも右のふくらはぎが痛くなる原因は、体の左右差ですよ!

接骨院院長のヨシマツタケシです。

先日、友人に相談をされました。

「いつも右のふくらはぎが痛くなるんだけど、何かツボとかないかな?」

その方の歩き方などからして、左右差が原因っぽかったです。

順番に考えていきます。

右のふくらはぎが痛い人や、施術する側の治療家、ヨシマツタケシが気になる方の参考になればいいな。

 

ズキズキ感や熱はないので、ケガではない

ズキズキするとか、触って熱い感じはないので、ケガの可能性は却下です。

これがあると、全身のゆがみとか左右差とかよりもまず、ケガを治すことが優先になります。

ケガの場合は、包帯をして動かさないのが1番です。

さて、実際に触ってみましょう。

 

触ると確かに右側のふくらはぎが、圧倒的に硬い。

触ると確かに右側のふくらはぎが圧倒的に硬いですね。

ゴリゴリすれば確かに柔らかくもなりそう。

けど、マッサージやオイルなんかを使ってふくらはぎが柔らかくなっても、無意味です。

なぜなら、根本原因が解決されていないから。

では、根本的な原因はどこにあるか?

 

1番の根本原因は、右に体重が乗ること。

1番の原因は、重心です。

歩き方をみていると、完璧に右に体重を乗せる歩き方をしています。

重力が加わるとそれに抵抗する筋肉として、ふくらはぎの筋肉も使われます。

右に体重が乗ると当然として、右のふくらはぎの筋肉がよく使われます

ということは、このクセを治さなければ、右のふくらはぎが柔らかくなる日は永遠にやってきません

とはいっても、自分のクセに気づくのも難しければ、治すのも難しい。

友人への提案をしましょう。(実際には、自分で何かしらの健康法をお持ちっぽかったので、伝えてません。)

 

ヨシマツからの提案。3つのストレッチと歩き方の改善

右のふくらはぎに負担をかけないための3つのストレッチ

  • 右の太もものウラ
  • 右の太ももの内側
  • 左の太ももの前

この3つの筋肉を伸ばすストレッチです。

これを30秒、朝晩で行うと良いでしょう。

意識してクセを治すのは不可能なので、無意識に治すために意識してストレッチです。

 

右のふくらはぎに負担をかけないための歩き方

右に体重をかけるなとはいえ、実際には難しいです。

というわけで、左足を大股で歩いてみましょう。

左足を極端に大股に歩いてもらうとわかりますが、右の太ももの内側あたりにストレッチされる感じが出ます。

これは右のふくらはぎが硬くなる場合は、かなりの確率で当たると思います。

 

ヨシマツからの提案を1ヶ月やってみてダメなら、直接みてもらうのが良い。

この提案を1ヶ月やっても何も変化がなかったら、プロにお願いするべきです。

自分では良くならない可能性が大!!

ぜひ、ご相談を!

 

「近場の整体に行ってみようかな」というあなたには、カラダファクトリーをオススメします。そこら中に店舗があって、研修制度がしっかりしているので、最低限の技術は持っています。安心できます。

【カラダファクトリーの口コミ】接骨院の院長が安心・安全に感じた3つの理由を解説!