仕事が忙しくて、ブログが書けない時の3つの対処方法

「ああーブログ書けない!仕事が忙しくて・・・」

こんな経験はありませんか?

そう、今僕がまさしく、そんな状態。

気づけば、いくつかの記事の順位が落ちてるし、

アドセンスの収益も落ちてるし、

アフィリエイトの成約も落ちてるし・・・

グアアーー!

ってなった時の3つの対処方法をお伝えします。

 

1.いさぎよく、あきらめる

忙しいもんは、仕方ない。

あきらめましょう!

開き直りましょう!

これすっごく大事だと思います。

ブログって結局続けたもん勝ちだと思うんです。

でも、ここで開き直れない人は、おそらくブログやめます。

無理な時は、無理なんです。

いさぎよくあきらめることも大事。

僕の場合、6月が接骨院の売り上げ悪すぎて、7月挽回するために必死です。

接骨院の方で、ポスティングしたり、市民向けのイベント開催したり、ニュースレター出したり、ハガキ出したり・・・

必死です。

他のこと考えてる余裕ねえっす。

 

2.とはいえ頑張って時間を作る

あきらめろ、とは言ったものの、まあ人間ですから。

売り上げが落ちるのは、気になりますよね。

ぼくもすごくきになる。

というわけで、頑張って時間を作りましょう。

ただし!

やる時間を決めることが大事。

朝6時から、30分だけ頑張るとかね。

30分以上はやらない!

 

3.軽めな記事をさらっと書いてみる

軽めな記事(1000文字程度)をさらっと書いてみるのもオススメです。

僕の場合ですが、文章を書く行為が結構ストレス発散だったりもします。

でも、どうしても1つの記事を書くまでのハードルが高くて、「書けないなー」とも思います。

それを理解しつつも、「でも頑張るぞー!」と頑張って書き始めたら、意外とタイピングが止まらずにスルスルと進む。

こんなこともあります。

最初の動き出しのハードルが高いだけってのもありますね。

「軽めに書いてみよっと♪」って感じで、ぜひパソコン開いてみてください。

 

まとめ:大変でも頑張りすぎないことが、長続きのヒケツ

最初の頃ってとにかく、なんかあせるんですよね。

  • PVが上がったとか、下がった
  • アフィリエイトの売り上げが上がった、下がった
  • はてブがついた、つかない
  • すっごく気になっちゃう時ってあるんです。

でも、乗り越えたら割と余裕を持てますよ〜って話。

それができるのも、接骨院との複業だからでしょうね。

何が言いたいんだかわからなくなってきましたが、

軽めのさらっと、思いついたままに書いてきた記事でした。

記事というよりも、日記・・・。

たまにはいっかー!

「ワタシ仕事とかブログとかそんな一気に頑張れません!」

そんなあなたは、この本読んでみましょ!

一般のビジネス書は、仕事ができる人の本です。

この本は違います。

仕事できない人が、生み出したビジネス書です。

超具体的に行動することも書いてあります。

ぜひぜひ。