治療院集客メルマガ

通勤の片道15kmを自転車。疲労度、通勤時間、メリットデメリットをレビュー。

ヨシマツタケシです。

引越しをして職場が遠くなり、片道3kmだったのが15kmと遠くなってしまいました。

せっかくだし、通勤で有酸素運動できたらいいんじゃね?ということで自転車通勤にチャレンジ。

始める前は、色々な不安がありました。

  • 疲れないかな?
  • 汗たくさんかきそう
  • 車が飛ばしてて怖そう
  • 何分かかるんだろう?
  • どんな自転車がいいんだろ
  • 雨はどうしようかな
  • 疲れた日は嫌になりそう

これらの不安が実際に通勤してみてどうだったのか?をお伝えしますね。

通勤が遠いし自転車乗ってみようかな?と思っているあなたの参考になれば嬉しいです。

 

結論:通勤の片道15km自転車は最高だけど、雨が困る。毎日はキツイ。

結論から言うと、最高です!

片道15kmの自転車はとても気持ちが良いです。しかも、信号で止まりながらですが立派な有酸素運動(40〜50分)なので、ダイエット効果も期待できます。

ダイエットに関しては、たまたま減量中だったので自転車自体の効果はわかりません。(2ヶ月で12キロ減量しました)。

困るとしたら、雨ですね。急に降ったときはツライです。

あと、今のところ毎日自転車通勤はしてません。週に3回くらいが今のところ、ちょうど気持ちいいです。

6月にこの記事を書いてますので、夏はどうなんだ!?については、あとで追加します。

 

通勤の片道15kmを自転車。疲労度、通勤時間、メリットデメリットをレビュー。

通勤の片道15kmは自転車で50分かかる

だいたい通勤時間は、片道15kmが50分前後です。

登りや下りはそこまできつくない平坦な道です。

サイクルコンピュータを見ると、こいでいる時間は40分のようです。

満員電車で50分よりは全然いいですよね。

 

通勤の片道15kmは思ったより疲れない

疲れないかなー?とすごく不安でした。

仕事前に疲れるのは嫌だし、疲れたあとにぐったりして帰るのも嫌でした。

けど、疲労感はぼくの場合はほとんど感じません。

むしろ、運動した気持ちよさの方が勝ちます。

MEMO
長距離はめちゃ嫌いです。1500m走は7分きれなかった記憶がありますし、シャトルランは常にどうやってサボるかを考えていました。w

 

通勤の片道15kmで汗はそんなにかかない(個人差あり。5月の感想。)

5月に乗っている分には、汗はじんわりかく程度です。

これからの夏の時期がどうなるか不安ですが・・・。

MEMO
基本的に汗かきです。一緒に運動してても、「なんであなただけそんなに汗かくの?」と言われるタイプです。w

 

通勤の片道15kmのメリット:有酸素運動でダイエットと体力向上

かなりな有酸素運動なので、ダイエット効果は間違いありません。

ただ、私の場合たまたま別でダイエットもしていたので、どのくらい自転車による効果なのかわかりません。

ちょうど、乗り始めたあたりで、2ヶ月で12.3kg減量しました。

あとは、体力は向上すると思います。

 

通勤の片道15kmのデメリット:雨で予定が狂う、疲れた日がツライ、毎日はキツイ

雨の日はタイヤが細いから怖くて乗れません。荷物が濡れるのも、カッパがべたつくのも嫌なので。そんな日は少し早く家を出ることになるので、めんどうです。

あとは、今の所、毎日はめんどうで嫌です。多くて週3回かな、と思っています。

 

参考情報:私の自転車を紹介

TREK EMONDA Sl5(カーボン) 105

カーボンのエントリーモデルです。アルミより柔らかい感じします。なんとなくですが。

 

まとめ:通勤片道15kmまでなら自転車使ってみよう

雨の日めんどいとか、パンク怖いとか、汗かきそうとかデメリットは確かにあると思います。

人によっては、体力的にきついかもしれません。

ただ、私にとっては通勤の15kmでロードバイクに乗るのは、楽しい時間でもあり幸せです。

通勤が有酸素運動になるって最高ですよ!あと、満員電車大嫌いなので。

通勤の片道が10〜15kmならぜひ、自転車を検討してみてください。